ブログ

24時間換気の音と振動が大きい-ファン破損編-

お風呂の換気扇(24時間換気)の音と振動がうるさくて、深夜は気になって眠れません。
今までは気になりませんでしたが、明らかにうるさいと感じたのは2週間前にいきなり
カーン、ガガガッ、ガタガタガタ~」って何々?怖くて換気扇を回せません。

三浦市の築14年のマンションに浴室乾燥換気扇とダクト2本の清掃を行いました。

24時間換気は洗面所との2室換気で浴室の壁を隔てて寝室があるので、振動は壁から伝わってきます。

振動と轟音の原因は?

乾燥換気扇はマックス整BS-102HMで24時間換気の出荷設定が「中」なのでお見積りにお伺いした時に「弱」に設定をして振動音は和らぎました。
お電話でのご相談で、「突然起こった轟音と振動」「マックス製品」2つのキーワードで推定すると換気ファンの欠損が疑われました

換気ファンを確認すると案の定、羽根が2枚欠損しています。ファンが回転すると遠心力でバランスが崩れて波打って回転するので振動と轟音が出ていました。

欠損の原因は?

羽根が折れる要因でかんがえられるのは、
①異物の接触
②製品の変形
③劣化
が考えられますが特定は難しいです。

⓵異物の接触

換気扇の吸込み口にガラリカバーがあるので自然に異物が入る事は考えにくいです。
もしくは、お掃除のときに誤って道具が入ったのか?
洗面ダクトとのジョイント部に逆風防止の蓋がはずれて接触したのか?
換気の仕方が間違っているとホコリや湿気が上手く排気されずに換気扇内に溜り、カビの固まりになりファンに当たって羽根が折れたのかも?

②製品の変形

ファンは湯気に晒されていて、熱したり冷やされたりを毎日繰り返しプラスチックのファン全体が熱で変形してバランスの負荷が局部的に掛かったかも?

③劣化

②と同様熱によるプラスチックの劣化
又は⓵~③すべてが同時のタイミングなのかも知れませんが、過去のご相談で築2年のマックス製品でも同様の事例があったので、ファンの欠損はマックス製特有なのかもしれません。

振動と音の改善策

振動と音の原因がファンの欠損ならばメーカー修理でファンの交換なのですが、製造から10年を超えているので「部品在庫が無い」との答え。
本体の交換が手っ取り早いのですが、予算が・・・。
モーターが良好なら後2、3年使用出来れば良いとの事なので、ファンのバランスを取り補強をすれば、ほぼ何も無かった事の様に出来ます。

24時間換気(乾燥換気扇)の分解清掃

原因の特定は出来ませんがホコリが溜まっているのは負荷の原因の一つなので内部の清掃も必要です。

内部には13年間のカビが溜まっていて、暖房や乾燥をすると内部のカビが吹出されます。

洗浄後は防カビコートで仕上げているので、かびの繁殖は抑えられます。

逆風防止の蓋は欠落せずに有りました、排気口には欠損した羽根が引っ掛かっていました。
欠損した羽根のバランスを取り、欠損した枠の補強を施したら前述の様に、振動と音は治まりました。
風量調整を「中」に戻しても問題は有りませんでした。
メーカーさんに部品が有ったとしても交換のみで清掃のメニューは無く、汚れのバランスが崩れます。
*メーカーさんの部品在庫保有期間は7年です。

ダクト清掃

換気扇がキレイになると換気力が戻るので、残ったダクト内のホコリを除去する必要があります。
換気扇もダクトも繋がっているので1ヵ所だけが汚れている訳ではなく全体が同期間に同じ様にホコリが溜まって行くので、
ダクト内のホコリが一気に吸われ再度換気扇に絡んだり、一気に排出されて排気口を塞ぐことにもなります。

吸込みガラリからホコリ溜まりは始まっていて、20cm上から横管に曲がって堆積しています。
ホコリは換気力の衰えと共に溜まっていくので湿気が含まれると黒い粒状や固まりになりファンtに接触します。

ご相談で、よくある話が「換気口吸込み口のホコリを除去すれば良いのですね」と言われますが、天井裏で90度に曲がっているので
縦管のホコリをとる行為は半分押し込んでいしまう事になるので、余計に詰まらせてしまうので安易にご自身では触らない方が良いです。
(吸込み口ガラリのお掃除は必要です)

浴室排気ダクトの排気口付近に欠損したファンの羽根が転がっています。その手前の白い物体は建築時に入ったコンクリート破片です。
ダクト清掃をしているとダクト内にコンクリート破片や石膏ボードの破片、カスが転がっているのは珍しくありません。
ダクト設置時に躯体コンクリートにアンカーを打ったり削ったりするのと、機器の接続前にボードを張るので致し方ないのかも?

ダクト内の汚れも綺麗になり、換気扇とのバランスがとれたので静音で振動も解消されました。
お客様曰く「魔法見たい!!」と驚き、喜んで頂きました。
24時間換気の異音(轟音)の調査と改善はご相談ください。

 



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る