ブログ

浴室24時間換気扇とダクト、排気口の汚れ

11/15 東京都八王子市の築10年の戸建てに浴室ダクト(排気管)と24時間換気扇の清掃を行ってきました。
依頼内容
浴室換気扇(24時間換気)の排気口(ベントキャップ)したの外壁がススとホコリで真っ黒に汚れている。
浴室換気扇とダクト(排気管)の清掃。

浴室換気扇は10年経過しているので交換(お客様の要望)、排気口下の壁汚れは高圧洗浄を業者に依頼いたそうです。
浴室の換気、排気口だけが汚れているのは、おかしいので伺って調査をしました。
まず、浴室の換気ダクト清掃です。
IMG_4258IMG_4252

 

 

 

 

ベントキャップを外しても、すごい汚れは確認できませ。できません
高圧洗浄後なので、外壁もキレイになっていました。

WIN_20151115_13_25_38_ProWIN_20151115_13_37_43_Pro

 

 

 

 

ファイバースコープで確認すると、
ホコリの固まりがゴロゴロいます。
浴室は湿気を吸い込むため、ホコリも玉になっています。
交換前の換気扇はホコリですごい事になっていたのでしょう。
WIN_20151115_14_18_41_ProWIN_20151115_14_18_58_Pro

 

 

 

ダクト(排気管)内を清掃し防カビ剤でコートしたら
キレイになりました。
これで排気口(ベントキャップ)下の外壁が汚れることはないでしょう。

24時間換気の盲点

つぎは、階段踊り場と洗面所の24時間換気扇清掃です。
当然、24時間年がら年中回りっ放しのため、定期的な清掃が必要です。が、
「掃除をするにも分解ができないので、手を付けていません」と言うご自宅が大半です。

IMG_4262IMG_4268IMG_4269

 

 

 

 

IMG_4267IMG_4265IMG_4271

 

 

 

 

10年間放置された24時間換気扇、内部のホコリです。お客様も初めて見てビックリ!
洗面所は届かないので依頼されましたが、階段踊り場は目の高さに有り、
今後ご自身でも掃除出来るようにと、レクチャーし、ご自身でやって貰いました。
(防火ダンパーに温度ヒューズが付いているので注意)

普段は気にもしない換気、有ることすら忘れてしまいます。
ここまでホコリが詰まると、換気能力は10%位でしょうか。
IMG_4278IMG_4276IMG_4277
IMG_4275IMG_4280IMG_4273

 

 

 

 

 

 

 

 

汚れていたクロスも拭き取り、
剤防カビコート剤で、仕上げてピカピカに戻りました。
5LDKの広い家に24時間換気扇が3ヵ所しか無いのはおかしい、2Fには各部屋に給気口しか無い異常建築です。
ところが後で「2Fに換気扇を4カ所見つけました」と、
10年間気が付かずOFFにしていました。

10年間、給気口の数の半分以下の3カ所の換気扇で家全体を賄っていれば
キャパオーバーでホコリ等が集中します。
外壁が集中して汚れる原因でした。

24時間換気のお掃除をサボると体調を悪くする

24時間換気システムとは2003年に義務化された、強制的に室内のくうきの入替えを自動的に行う換気設備。
室内の給気と排気(空気の入替え)を専用の自動機械換気システムで強制的に行う換気システムです。

24時間換気システムには3種類の換気パターンが有り、給気か排気のどちらかが自然と機械、又は両方とも機械式の換気方。
各パターンに利点と欠点はありますが、必要なシステムです

24時間稼働していると、
・電気代のムダ
・ホルムアルデヒドは新築当初だけ
・掃除が面倒
等々、でOFFにされている家も有り、
換気扇が有ると言われて、思い出す様に認識する方や、意識して考えたこともない方
も少なからず居られます。
IMG_4264

 

 

 

 

 

建物の設計では、換気量を計算して、給気口と排排気口の数や位置を設けていますので
常時、ONにしなければならず、OFFにしたり家具で塞ぐと必要な換気量が得られず
空気の循環ができずに、汚れた空気が滞留してエアコン等で撹拌される事になります。

気が付くと咳き込んだり、頭痛がしたり体調を崩す原因になったりします。
また、ONにしていても、定期的なお掃除(フィルターや本体)を行わないと、
ホコリが溜まり、換気扇の能力を低下させ、空気の流れが止まってしまいます

ご自身でお掃除ができれば良いのですが、「面倒だし高所、キレイに出来ない」
と言う方は、当店にお任せ下さい。分解清掃をして防カビ抗菌コートで仕上げます。
給気口・排気口・単独換気扇の複数割引有り。

効率的な換気や換気不足のアドバイスも喜ばれています。

 

 

 



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る