ブログ

レンジダクト(送風管)の清掃は必要?

10/12 東京都調布市のマンションで東京建物アメニティサポートによるイベントで
レンジダクトの清掃を行ってきました。

レンジダクトの清掃は、部屋内のレンジフード側と室外の排気口側の両方から行いますが、
今回のイベントでは、室外のベントキャップ(排気口)側からの清掃です。
(清掃軒数が多い為)
IMG_4317IMG_4275

 

 

 

 

 

排気口のキャップが油とホコリ付着しています。
レンジフードのフィルター(本体)に市販のフィルター(白い)を装着し、定期的な交換
の有無により汚れの量も変わります。

IMG_4270IMG_4302IMG_4305

 

 

 

 

バキューム → 洗 浄 → 拭 取 り
汚れ具合により洗浄を数回繰り返し、レンジフードに到達させます。
油汚れが多いと、10回近く繰り返す時も有ります。
IMG_4318IMG_4321

 


IMG_4308IMG_4307

 

 

 

 

 

 

ダクト内、排気口キャップもピカピカになり、
ニオイも取れました。

レンジダクト(排気管)清掃 三つの必要性

ダクトとは、換気扇から排気口(内から外)をつなぐ管で一般住居では見えない
(天井や壁のに中)所にあります。

高気密住宅ではダクト(換気管 通風管 給排気管)はが必要で、これが無いと
年がら年中窓を開けっ放しの
生活になりますね。

中でもレンジダクトは油を含む排気で一番汚れやすく、特にマンションの間取りは
キッチンが中央にあり、排気口は廊下(共用部)やバルコニー側に有って、
その距離は10M近く長いところもあります。が、ダクトない全面が油まみれにはならず、
最も汚れるところが二か所で入口と出口です。

なぜ、清掃が必要なのか?
1 防火ダンパー
IMG_3442IMG_3482

 

 

 

換気ファンの上部に有り、タイプは2つ
写真左:通常は閉じていますがファンを回すと風圧で開き、火災時にはフタになり延焼を防ぎます。
写真右:通常は開いた状態で、火災時に閉まってフタになり延焼を防ぎます。

ファンから吸上げた汚れが最初に付着するのが防火ダンパーで、レンジフードの分解が必要で、日常のお手入れが非常に困難な場所です。
ダンパーが油で固着すると排気ができず火災時には炎がダクトを通って外に出てしまい大変危険です

2 ベントキャップ
IMG_3839
外壁にある排気口は、ファンから吸上げた油やタバコの煙の出口で
ルーバーや網に当たり、ホコリを付着させて塞いで行き排気を妨げ
キッチンでは換気不足になってしまいます。

また、ルーバーや網に着いた油が蓄積して油ダレで外壁を汚します。

3 ダクト内部
IMG_4300
料理の油臭やペット臭、換気扇下での喫煙によるタバコのニオイがダクト内に
染着いています。

排気口が共用通路側にあると、ニオイで通行人が不快に感じます。
ベランダ側だと、それらのニオイが洗濯物にうつってしまいます。

毎日使うキッチンのレンジダクトの汚れは、市販フィルターの有無で変わりますが
見えない場所なので、定期的(5年~10年内)な清掃が必要です。
個人宅のダクト清掃の業者が少なく、1本単位で作業してくれる業者もいないのが現況です。

が、換気ダクト清掃はお任せください!当店はダクト1本でもOKです!!

 

 

 

 



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る