ブログ

お風呂のお湯はキレイなようで実は汚れています!

入浴するときに「お湯はキレイ」と無条件で過信していますよね。
お湯を張って「今日のお湯は大丈夫」と確認する方は殆どいないと思います。
浴槽は洗剤で洗っているのにお湯が通る配管は洗う必要性を感じないからなのでしょう。
が、しかし追い焚きが出来るお風呂の配管は洗浄が必要なのは、あまり認知されていない様です。

横浜市港北区で築13年のマンションに追い焚き配管の洗浄を行いました。
浴槽のお掃除をしていて、浴槽内の汚れが気になりだし「入浴中の汚れ?」だと思っていたのですが
湯張りで入浴前にお湯を眺めていたら、何やら細かいものが見っているのに気づいたそうです。

そう!お風呂のお湯はキレイに見えて実は汚れているのです
追い焚き機能は保温時に湯舟と給湯器を循環しているので、身体を入れたお湯は皮脂や汗が混じっているので
それが通る配管には汚れが付着します。この配管は新しいお湯が通る配管と共用しているので、新しいお湯を張っても
汚れを巻き込んで出ているので、入浴前のお湯は汚れています。

実際に洗浄をすると配管内に付着していた湯垢が掻き出されます。
湯張りや追い焚きの時にこの汚れが出ていれば「やばい!」と解かるのですが、この汚れのトンネルを通って出るお湯には
無防備になっています。

写真では洗浄剤の泡で汚れを包囲しているので認識が出来ますが、日常のお風呂ではお湯に混じっていて気付かない物です。
追い焚きがあるお風呂では、どちらのご家庭も同じです。
「汚れ」だけなら平気と言う方も居られますが、この汚れは全て雑菌なので体調に影響を与えているかも知れません。
お風呂の配管は定期的に追い焚き配管洗浄が必要です。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る