ブログ

エアコンクリーニングはエコ洗浄でダブル除菌

東京都狛江市でエアコン、浴室、風呂釜の洗浄を行いました。
築30年くらいの貸家に引越されて来たのですが、生後2か月の赤ちゃんのベビーベッドを置いている和室のエアコンがカビ臭い
ので除菌洗浄のご依頼です。《風呂釜洗浄・浴室清掃の記事はこちら》

 

 

 

古い建物の和室は湿気が壁や畳、押入れ、木部にに染み込みカビ臭~い和室独特の匂いがします。
これは致し方ない事で、昔の生活には合っていたのでしょう・・・。

 

エアコン自体は5年位のものですが、カバーを外すと内部はホコリで詰まっています。
築30年の木造貸家なので「換気設備」が行き届いていないので、部屋を締め切った状態での
エアコン頼りの生活ではホコリや湿気が逃げず、エアコンに取り込まれています。

一度もクリーニングされていないので、ファンや吹出し口にはカビが粒になっています。

クリーニングする洗浄剤は、赤ちゃんにも安心な「ピア」で洗浄し、濯ぎには風呂釜配管洗浄の洗浄剤(防カビ消毒剤)を配合しているので、ダブル除菌で効果が持続します。

洗浄作業は素手作業ができる安全な洗剤なので、強い洗剤が舞う事が無いので安心です。
裏側の熱交換器やドレンパンもキレイに除菌されています。

一般の洗浄剤では、洗浄後に洗剤臭が残りますが「ピアは無臭」で爽快です!
パネルから空気を吸い込むので、フィルターは月に1回はお掃除が必要です。

知らない内にカビを吸っていませんか⁉

冷房運転ではファンと吹き出し口が結露で必ず濡れます、「送風」や「内部クリーン」機能で
結露を乾かしても完全には乾ききらないので仕様がないのですが、何年も放置して使い続けると、
ファンに積もったカビが飛びます。

冷房時はカビ粒に湿気が加わり、真下に落ちるので真下のソファーやベッドが有ると
ダイレクトに吸うと「過敏性肺炎」になり、
暖房時は乾燥させるので、粉末状で隅々に拡散されます。
粉末状なので吸っても直ぐにではなく、肺に蓄積されてアスベスト事故の様に10~15年後に発症
するかも知れません。
敏感な方は花粉症に似た症状が出ます。
小さいお子様の居るご家庭は年に1回、エアコンのエコ洗浄をおススメいたします。

 

 



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る