ブログ

エコキュート、追炊きすると黒いゴミが出る Panasonic製

11/26 逗子市で築10年のPanasonicエコキュートの風呂釜洗浄を行ってきました。
セキスイハイムの戸建てでセキスイファミエスさんに相談されたのですが、
「ジャバを数回したらゴミは止まったのですがまた出てくる」とのご相談です。


黒いゴミの正体は?

お伺いした時は5粒程出ていましたが、 「得体のしれないゴミは一粒でも嫌!」不安でお風呂に入れない状況でした。
「黒いゴミ」と聞いて疑うのはゴム片?
ゴミが出た時にPanasonicにタンク廻りの部品を交換してもらったそうです。
実際の現物を確認すると一見、潰すと緑?

 

 

 

緑は入浴剤の影響と思っていたらしく、黒ばかり目立っていたみたいです。
正体は緑青です。
緑青は銅の錆で、10円玉に付着している緑錆ですね。
したがって、銅管特有の錆で経年劣化による腐食です。

表面は黒で裏が緑で薄い膜の様に剝れるので黒く見えます。


緑青はどこから?

エコキュートから浴槽までの配管は樹脂管なので、銅管を使っている箇所はタンクの中の追炊き配管が原因の様です。
タンク内は真空になっている為、開けることが不可能で製造元のメーカーさんも手が出せません。
ガス給湯器にしろ、エコキュートにしろ配管は熱伝導率の良い点と、曲げ加工の容易さで
銅管が一般的です。
理想はステンレス管なのですが、コスパと加工の難しいと言う点で井戸水使用以外では採用されていないのが現状です。

追炊き配管の洗浄

タンクを交換するか配管洗浄するかしか方法が無いので、まずは追炊き配管の洗浄です。

 

 

 

洗浄していくと緑色の緑青と湯垢が大量に出て来ます。
特殊消毒剤と発布洗浄剤により、湯垢を掻き取る際に癒着している錆ごと掻き取るので、
銅管表面の錆を除去します。

 

 

 

1回目の洗浄を終えて排水すると浴槽に残った緑色の湯垢がごっそり‼
緑青もさることながら、湯垢が大量に蓄積していました。

 

 

 

2回目の洗浄では湯垢は殆んど残っておらず、洗浄剤に反応した緑青が除去出来ました。
濯ぎをして、新しいお湯張りで確認すると綺麗なお湯に戻りました。
体も判り汚れも無なって、安心してお風呂に入れます‼ と、お喜びでした。

銅管の腐食

 

 

 

銅管の経年劣化による腐食、緑青錆びは避けられません。
配管の中にお湯が通り、追い焚き配管の場合は入浴剤や身体から排出した皮脂等で
また、お湯が通っていない時に蒸発して空洞になり、酸化して錆が発生していきます。
タンク内の追炊き配管は浴槽に湯張りか追い焚きをしないと、古いお湯が残ったままです。
環境にも拠りますが10年前後位から堆積した錆が湯舟に出て来ますが、要は劣化のサインですね。

緑青錆びの対処法

前述したように、銅管の経年劣化腐食や錆は避けられませんが、目に見える異物
は避けたいものです。
配管内の状況は目視出来ない為、汚れが出て初めて気付くものです。
腐食に湯垢の雑菌が絡み、繁殖すると臭いも伴う訳ですから、何とかしたいものですね。

お湯張りや追炊きの頻度に拘わらず、年に1回の追炊き配管洗浄をする事で、配管内の錆の堆積をなくし
汚れも蓄積しにくくなるので、汚れを目にする事は無いでしょう。
また、市販の洗浄剤では蓄積したものを除菌しても、掻き出す効力は御座いません。
思わぬ異物を目にする前に、追い焚き配管洗浄はやっておくべきです‼



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る