ブログ

追炊き配管洗浄で本格除菌、赤ちゃんにも安心!

6/12 東京都世田谷区で築15年の戸建てに追い焚き配管洗浄を行ってきました。
ご家族6人で赤ちゃんが生まれ、お風呂の除菌のご依頼です。
今までは市販の洗浄剤で除菌をいていたのですが、赤ちゃんが生まれて
ママ友さんとのお話で、本格的な洗浄除菌が必要と聞かされて、お風呂デビューの前にと!

 

 

 

 

毎日、入浴剤を入れているので循環金具の裏側には
片栗粉を塗りつけた様にドロッとした湯垢が分かります。

 

 

 

市販の洗浄剤での除菌しか方法が無いので、仕方有りませんが
洗浄剤を入れて追炊きをするだけでは、付着した汚れや湯あかは
殆ど除去できずに残っています。
当然、写真の様に循環金具を外して洗うことも出来ませんから除菌の効果は
一時的なものでしかありません。

市販の風呂釜洗浄剤の効き目は?

市販の洗浄剤では風呂が洗浄剤「ジャバ」が代表的に超有名ですが、
主な目的は 除菌 のみで、汚れを分解したり掻き出したりする効果は殆どありません。
ジャバの主成分は「過炭酸ソーダー」で、漂白剤の一種です。
漂白剤と言えば、「ワイドハイター」も同じで、色落ちしない程度の弱漂白剤ですね。
ソーダーで発泡はしますが、汚れに直接当たらない限りは反応も薄いでしょう。

 

 

 

当社の洗浄方法では、配管や循環金具に溜まった湯垢汚れ(雑菌群)に直接作用させるので、
「ジャバ」では決して見れない汚れを掻き出します。
当然、技術と言う手が加わるからこそ違いは明らかです。

 

 

 

先にも説明しましたが、市販の洗浄剤では「除菌」が目的で、配管内の汚れ具合によっては
持続効果は長くて1ヵ月が限度で、今回の様な汚れの溜まり具合ですと
除菌効果は1週間も持たないと思われます。
日常のお手入れはやはり、月1回の市販の洗浄剤に頼るしか有りませんが
汚れはどうしても溜まっていきます。
付着した汚れが下地になり、どんどん汚れが蓄積して臭いや湯舟に浮いてくる様になるので、
定期的に溜まった汚れを掻き出さなければなりません。
1年に1回の追炊き配管洗浄で配管内をリセットすれば、月1回の「ジャバ」も除菌効果を発揮します。

安心できる毎日の入浴

お風呂の配管のお手入れは、見えない部分なので汚れが除去が出来たかどうかは分かりにくい所です。
「ジャバして何も出て来ないので、うちのお風呂は大丈夫!」とよく聞きますが、それは誤解です。
前述した様に汚れを掻き出せないだけで、菌はすぐに繁殖してます。

 

 

 

そもそも汚れが付き難い環境にするのが大事で、除菌はその次なのです。
毎日入る「お風呂」赤ちゃんもお年寄りの方にも安心して入浴できる環境
を作って行くのが私たちの仕事だと心得ています。

使用する洗浄剤、消毒剤や洗浄方法は安全なものが大前提です。
汚れや入浴環境は各家庭で違うのを考慮して、洗浄剤の分量や洗浄回数を変えながら
素手で作業ができる安全な風呂釜配管洗浄PROで毎日の入浴が安心できます。

 

 

 



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る