ブログ

ジャバをしてもお風呂のヌルヌルが取れません

5/7 東京都大田区で築10年のマンションに追い焚き配管洗浄を行ってきました。
10代のお子様が2人いて、最後の入浴はお母さんですが、
「浴槽がヌルヌル、ざらざらしてお湯に浸かれずシャワーで済ます日々が続いています」
とお困りでした。
IMG_4970

 

 

 

お湯を張って追炊きすると、日焼けの皮の様な湯あかが出て来ます。
伺った時は、お湯を排水した後の浴槽がヌルヌルざらざら(砂)して、海の家のシャワー室みたいでした。
IMG_4947IMG_4948IMG_4949

 

 

 

循環金具の裏は茶褐色の湯あか、吐湯口にも溜まっています。
依頼する前にジャバを試したのですが、改善は0だったそうです。
IMG_4951IMG_4952

 

 

 

金網フィルターはマメにお掃除をしないと、すぐに目詰まりしてしまいます。
10年分の汚れはジャバをしてもムダなあがきの様ですね。
IMG_4959IMG_4961IMG_4962

 

 

 

10代のお子様が悪いわけでは御座いません、10代は代謝が一番高く入浴時には
老廃物が大量に出ます。
野外系のスポーツをしていればなおさら砂まみれになり、お風呂で落とされます。
IMG_4964

 

 

 

配管汚れの予防はありませんが、年1回の追炊き配管洗浄は欠かせません。
最後に入浴される前に重曹を大さじ2~3杯入れると少しは変わると思います。
IMG_4966

 

 

 

 
配管洗浄後の湯張り、追炊きはクリアーな湯舟を取り戻しました。

 



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る