ブログ

赤ちゃんを雑菌風呂に入れたくない!

5/3 東京都武蔵野市で社宅マンションの風呂釜配管洗浄・エプロン裏高圧洗浄・浴室換気扇清掃
を行ってきました。
生後1ヶ月の新生児がおられ、「ジャバで準備はしたけど不安が消えない」と、ご依頼です。
確かに市販の洗浄剤では除菌はしても汚れは出て来ませんから。
IMG_4845

 

            

 

IMG_4847

 

         ➨

 

市販の洗浄剤では循環金具の裏側の汚れまでは届きません。
IMG_4866IMG_4869

 

 

 

赤ちゃんを雑菌風呂に入れないで!
特に抵抗力の弱い新生児にはこの汚れ=雑菌が感染源になるので、
しっかりと除去をしてあげなければなりません。
本物の風呂釜配管洗浄はお任せ下さい!

エプロン裏を覗いてみたら・・・

社宅のクリーニングはしてくれていますが、基本は自主管理だそうです。
浴室のお掃除は汚れている所だけ、当然エプロンを外して・・・は期待できません。
IMG_4816

 

エプロンは外れ止め金具がビスで固定されて、
しかも浴槽を少し持ち上げないと
外れないので、お客様が裏側を煮るのは初めてです。

IMG_4817IMG_4820IMG_4818IMG_4821

 

 

 

 
20年の汚れでカビが繁殖しています。
「見てしまったら、やらない訳には行きません」と追加作業です。
IMG_4876IMG_4873IMG_4875IMG_4874

 

 

 

浴槽は外せるタイプでしたが、一人で伺ったのと時間、費用を相談で高圧洗浄作業です。
IMG_4834IMG_4825IMG_4822IMG_4833
ひどい汚れではありませんが、赤ちゃんにとってアレルギーや感染症を起こす要因になります。
IMG_4854IMG_4852IMG_4850IMG_4857

 

高圧洗浄で難しい場所が浴槽下と壁側背面です。
一般の洗浄機ではガン(ノズル)が入らず、奥には届きません。

IMG_4828IMG_4838

 

 

 

当店の高圧洗浄は、奥や裏まで届く先端ノズルを使用し、また
浴槽を浮かし壁側からずらして背面に隙間を設けるので、
脚部分や壁と密着していた面のカビや汚れをキレイに除去する事ができます。
IMG_4860IMG_4841

 

 

 

高圧で取りきれないよごれは、カメラで確認しながら拭取りをすので
高圧洗浄作業は1時間は要します。

赤ちゃんへの不安な要因を取り除き、安心して入浴が出来ます。

浴室の換気扇はカビの隠れ家

お風呂の換気扇、何の疑いも無しで使っていませんか?
実は、換気扇の内部はカビが繁殖する隠れ家になっています。
IMG_48631

 

 

 

お風呂の湯気が直接あたるファンは、特にトイレと連動していればホコリが羽に詰り
湿気を含んでカビが発生する環境にいます。これを放置し回し続けると、発生したカビを
浴室内に撒き散らして浴室にカビをもたらしてしまいます。
IMG_4872

 

 

 

カバーが汚れているので、外してカバーは洗えますがその奥は?
内側のカバーとファンを外してお掃除をしないと目詰まりを起こし、
換気されなくなります。
IMG_4879IMG_4881IMG_4882

 

 

 

ファンがホコリとカビでキャパオーバーになり、換気力が低下しています。
IMG_4887IMG_4888IMG_4890

 

 

 

内部の洗浄ですっかりキレイになり、換気力も戻ってカビの原因である湯気や湿気を
排出します。
抗菌防カビコートで仕上げました。

赤ちゃんへの雑菌による感染やアレルギー対策で、浴室内の上から下、配管内部の雑菌の除去が出来ました。
風呂釜配管・エプロン裏・換気扇の3点洗浄をおススメします。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る