ブログ

換気ファン、過敏性肺炎の原因 ”カビ” 除去と対策

4/30 東京都港区のマンションに風呂釜洗浄・浴槽丸洗い・ダクト清掃・エアコン洗浄を行ってきました。
風呂釜と浴槽下洗浄の次はカビ発生の原因となる換気の改善です。
[風呂釜、浴槽裏洗浄作業]    [エアコンクリーニング作業]

入浴やシャワーの湯気が浴室にこもったままだと、浴室全体がカビだらけになってしまいます。
IMG_4517

 

 

 

湯気を逃がすのが換気扇ですが、戸建てでは単独、マンションではトイレや洗面と連動していますが、
どちらもメンテナンスをしていないと、湿気で水分を含んだファンが埃を吸着して目詰まりを起こし、
湯気が逃げずに浴室や洗面、トイレにまで湿気をもたらしてカビを発生させてしまい、
長年放置するとその先の換気管(ダクト)が錆びてしまいます。
IMG_4522IMG_4556

 

 

 

点検口の上にある中間ファン(集中換気扇)。
IMG_4534IMG_4528IMG_4527

 

 

 

左写真は前側、         中写真は後ろ側、         右写真は開いた状態
IMG_4530

 

 

 

40年分のカビとホコリが詰まってファンが見えません。
手前の埃を除去したら、ファンが現れました。

この状態では換気率ほぼ0%です。
この環境で生活すれば体に害を及ぼし特に小さなお子様には大変な心配です。
IMG_4540IMG_4545

 

 

 

カビとホコリを全て除去して耐久性抗菌防カビコート予防しました。
(カバー裏側は長年の湿気で錆びています)
IMG_4519IMG_4524IMG_4526

 

 

 

     トイレダクト         浴室ダクト           排気ダクト
各換気管(ダクト)もホコリが溜まっています。浴室と排気ダクトは湿気でカビています。
IMG_4555IMG_4557

 

 

 

換気管(ダクト)も耐久性抗菌防カビコートカビの発生を予防しました。

今回は、お引越し前の調査で環境改善が発覚し、浴室・エアコン・換気設備の改善でお子様の安全が守られて良かったですね!
過敏性肺炎や喘息、アレルギー対策は換気設備の改善が重要です。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る