ブログ

夏型過敏性肺炎の予防

4/30 東京都港区のマンションに風呂釜洗浄・浴槽丸洗い・ダクト清掃・エアコン洗浄を行ってきました。
浴室作業に続いて、エアコン洗浄です。寝室「自動お掃除機能付き」、LDK「スタンダード」タイプ。
(浴槽ひっくり返して、丸洗い作業はこちら)

エアコンは夏の冷房で送風ファンが冷気で濡れた状態になり、日常のお手入れが不可能なこともありカビが発生してしまいます。
発生したカビは秋になれば乾燥して、暖房の風に胞子を撒き散らし部屋中に拡散してしまいます。
IMG_4584

 

 
6年前に設置された「自動お掃除機能」付きですが、一度も洗浄されていませんでした。
IMG_4600IMG_4612

 

 

 


自動お掃除機能付きはフロントパネルが開いたり、天上部がオープンになっていたりして

ダイレクトに吸込むので、ホコリ(ハウスダスト)もダイレクトに取込み付着してしまいます。
IMG_4605IMG_4614

 

 

 

無公害型天然植物洗剤」で赤ちゃんにも安心・安全!洗浄後の洗剤臭もありません。
IMG_4615

 

 

 

汚水はバケツ2杯分も出ました。
IMG_4609IMG_4610

 

 

 

本体洗浄後の各パーツも洗える物は洗浄し、「お掃除ユニット」は配線が接続しているので 丁寧に拭きあげます。

リビングのエアコンは油で汚れています

リビングやダイニング、キッチンのエアコンは調理の油煙も吸って臭くなります。

 

 

 

カバーに付いたホコリは油でベトッとしています。
IMG_4618

 

 

 

熱交換パネル(アルミフィン)がホコリで詰まって(裏まで)効率が悪くなり、電気代にも響きます。
送風ファンにもホコリカビ、ダニがぎっしり溜まり、動かすと油臭と共に部屋中に撒き散らします

強力な洗浄剤でクリーニングをしても、洗剤臭を残しては本末転倒ですし、
赤ちゃんの居るご家庭に安心の「無害な洗剤」で洗浄し、汚水は中和して屋外に排水します。
IMG_4703

 

 

 

これで安心!!
赤ちゃんにやさしいエアコンクリーニング!!!

夏型過敏性肺炎

「夏になると咳が出る」、「自宅に帰ると咳が止まらない」と言った症状はありませんか?
過敏性肺炎の原因物質は室内のカビの一種(トリコスポロン)なんです。
d91c8f9adafee1a847252a820a307076_s

エアコンのに発生したカビの胞子が、エアコンを運転すると部屋中に撒かれて、
それを吸い込む事により肺炎を起こします。
冷房しか使わない夏に多いことから「夏型」と言われますが、最近では気密性の高いマンションでは
冬も暖房を運転するので、季節を問わず「自宅にいる時だけ咳が出る」のは過敏性肺炎の疑いがあります。

成人でも高熱が出たりしますが、小さいお子様がいるご家庭では心配が尽きません。
そうなる前の対策が、カビの除去と繁殖防止です。http://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/life/74.html

エアコンクリーニングでカビを除去し、抗菌防カビコートでしっかりとガードする事をお勧めします。
クリーニング業者さんのオプションで「防カビコート施工」がありますが、コート剤によって
耐久期間は違います。
1ヶ月~1年の物から3年耐久まであるので、確認が必要です。
当店が施工する「防カビコート」「抗菌防カビコート」「消臭抗菌防カビコート」耐久性は1年~3年
の中からのオプションです。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る