ブログ

引越し先のお風呂が不安

4/30 東京都港区で築39年のマンションに風呂釜洗浄・浴槽丸洗い・ダクト清掃・エアコン洗浄を
行ってきました。 《エアコンクリーニングの記事はこちら》 《ダクト清掃の記事はこちら》
babyのいる3人家族様。自分たちだけなら良いのですが繊細なbabyのために
「前入居者の湯あかが嫌で、浴槽裏も気になる」とのご依頼です。
分譲賃貸で5年前に浴室のリフォームをされていて、見た目はキレイですが、
お風呂の配管は20年物で他人の汚れは除去したいですよね。

お湯を張ると茶色の汚れが出て来ます。
新しいお湯も、追い焚き配管を通って出てくるので、このままではbabyにも悪影響だし
、お客様も入浴できる状態ではありません。

不安なお風呂の配管

やはり循環金具も前入居者さんの汚れが溜まっています。
お湯は、この金具を通って追炊き湯張りをするので湯張り時には、付着している汚れを伴って吐湯し、
また、貯まったお風呂に常に浸っています。 「気持ち悪くないですか?」

得体の知れない雑菌たちを排除して清潔なになり、お子様にも安心です。

予想通りの「汚れ=雑菌」が配管内に溜まっていました、出て来た汚れは全て前入居者さんの身体から出た
老廃物です。

1回では除去しきれず2回目の洗浄で出し切りました。

お客様のご依頼は引越す前のお問合せで、実際の湯張りは今日が初めてなので
想像を超えた汚れを見て、「入浴する前に依頼して良かった~!」とbabyを抱えながら一安心です。
引越し先の風呂釜配管洗浄は大事です‼

浴槽裏は未清掃

お部屋を借りる時や中古住宅の購入で内見の時は気づかない汚れの一つが浴槽裏(エプロン裏)です。
クリーニングで当然やっているだろうと疑う余地も無いでしょうが大半の業者さんでは清掃範囲外です。

内見時に確認をして、やっていなければ洗浄が必要です。(内見で、そこまでは確認しない様ですが)
風呂釜配管内は見えない雑菌うようよいますが、浴槽裏には見える雑菌うじゃうじゃいます。

浴槽裏を見る機会はまず無いでしょう!
普段から見える場所ではないので、どこのご家庭でも汚れは溜まっています。

洗浄をして汚れも雑菌も除去してサッパリします!

入浴中の髪の毛や湯あかが浴槽と壁の隙間から入り込むので、壁や床にはカビが繁殖し、
排水口周りに集まった固まりにコバエが産卵します。

 

脚や排水栓廻りは床と密着して、髪の毛やヘドロが溜まりやすい所です。
新居の隠れた汚れを落とし浴槽内側も除菌清掃しているので、お子様に安心な新生活のスタートです。
浴槽が外せれば丸洗いしてサッパリしましょ



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る