ブログ

お風呂の危険な雑菌の撃退

4/26 東京都国分寺市で築16年の戸建てに風呂釜洗浄・エプロン高圧洗浄・浴室清掃・換気扇ダクト清掃を行ってきました。
免疫抑制剤」を服用しているので、浴室のカビや追炊き配管の細菌に敏感なので
全要望を満たしている業者」 と言うことでのご依頼です。

数年前から病気でお掃除が出来ず、クリーニング業者に依頼していたのですが、今回は追炊き配管洗浄や換気扇分解清掃と エプロン裏洗浄はシリコンボンドの打ち直しも含むため、これ全部出来る業者さんは見当たりません。でしたが、当店は全作業が可能です。

追炊き配管洗浄 戸建てで2階に浴室なので配管の片道3.5mとマンションほど長さはありません。
IMG_4276IMG_4282IMG_4283

 

 



16年分の汚れ=雑菌です。
IMG_4285

カビ除去

 

 

これが、お客様にとって危険で日常の不安要素の1つ目です

免疫力の低い方には大敵です。追炊き配管洗浄で不安要素を撃退しましょう。

エプロン裏、バスタブ下の危険な奴ら

エプロンの脱着が容易でないシリコンボンド。
ハウスクリーニング業者でも、シリコンボンド打ちまでしてくれる業者さんは非常に少ないです。
前回、依頼した業者さん(大手)は「ボンドは外すが、ボンド打ちはご自身でお願します」ですって、ヒドイ!
IMG_4239IMG_4238IMG_4263

 

 

 

前回(2年前)、ご自身でボンドを打たれました。 それを外しました。
IMG_4425IMG_4426IMG_4428

 

 

 

シリコンボンドの打ち直しもバッチリ!
IMG_4261IMG_4259IMG_4260

 

 

 

 

 

エプロンは表、裏汚れています。
IMG_4297IMG_4298IMG_4299

 

 

 

 

 

表も裏もピカピカに!

IMG_4241IMG_4243IMG_4245 IMG_4249IMG_4247 IMG_4251

 

 

 

 

 

 

 

浴槽と壁にもシリコンボンドが施されているのに、2年でこの汚れ=危険な雑菌
IMG_4287IMG_4286IMG_4288IMG_4290IMG_4289IMG_4293

 

 

 

 

 

 

これが、お客様にとって危険で日常の不安要素の2つ目です。
直接、触れないですがカビが拡散するので定期的なエプロン裏・バスタブ下洗浄が必要です。

浴室の全体清掃

前業者さんの時は、「水栓の水垢や壁の石鹸カスが残っていたので念入りに」とのご指示。
IMG_4266IMG_4268IMG_4234

 

 

 

 

IMG_4228IMG_4229IMG_4264

 

 

 

 

全体的にカビと石鹸カス、水垢汚れが目立ちます。

IMG_4304IMG_4305IMG_4307IMG_4303IMG_4301IMG_4296

 

 

 

 

 

 

 

タイル目地の黒カビやブラインドの汚れ、扉に窓と細かいリクエストがありましたが、浴室清掃には全て含まれています。
特に、窓と扉のゴムパッキンの黒カビと茶色の水垢を気にされていましたが、ゴムパッキンだけは黒シミで残りますが
見た目に悪い水垢は除去し、3つ目の不安(見た目汚い)も解消。

オリジナルの酸性洗剤とキズの付きにくいスポンジ(パッド)、魔法のブラシで凸凹床もキレイ仕上げる
浴室全体清掃

浴室換気ダクト(排気管)清掃

浴室乾燥機内部のカビが気になり、分解清掃の予定でしたが、変更です。
IMG_4230IMG_4403IMG_4421

 

 

 

暖房乾燥機は後付けの「TOTO三乾王」(生産終了)で天井裏に単独換気扇があり、
単独換気扇は交換の予定でした。???
暖房乾燥機も16年の使用でこのタイプは湯気を機械内に通過して換気するので、
モーター類の油漏れ起こし故障したケースは多々見受けられます。

今回のケースでは、単独換気扇を交換しても1年程で暖房乾燥機の交換を余儀空なくされる事でしょう。
その場合、後付け暖房乾燥機(換気機能無し)の製品が無いため、さらに一体型への交換が必要になるので
分解清掃は中止にして、単独換気扇の交換費用3~4万円+分解清掃費用1万円=4~5万円を一体型に回す提案をしました。
暖房乾燥換気扇(一体型)工事費は約10万円位でしょう。
ただ、ダクト(排気管)は残るので今回はダクト清掃に切り替えました。
IMG_4413IMG_4406IMG_4414

 

 

 

湿気でダマになったホコリにカビが発生しています。
IMG_4422IMG_4423IMG_4418

 
フレキシブル管は少し劣化していますが、大丈夫な様です。
仕上げは防カビ抗菌コート剤を塗布しました。
IMG_4417

 

 

 

排気管の真下に浴室窓があるので、カビの胞子を排気しても窓から取り込み
浴室全体がカビだらけになるので、排気管のカビ除去日常の不安要素の4っ目の解消です。

 



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る