ブログ

湯張りで砂の様な汚れが出る

4/8 横浜市南区で築16年の戸建ての風呂釜配管洗浄を行ってきました。
「湯張り時に砂の様な物が出る」「浴室が臭うのでエプロン裏の掃除」とのご依頼です。
IMG_3620

 

 

 

湯張りすると出てくるゴミ、これは砂ではなく給湯器内の配管(銅管)の腐食錆です。
給湯器も16年、寿命は過ぎています。
お問合せの電話で相談を受けた時に、「配管洗浄をしても改善しない可能性が大」と
了解済み。賃貸のため給湯器の交換は大家さん負担なので壊れない限り交換をしてもらえないのが通例です。

しかし、この状態ではお風呂には入れませんね。管理会社では対応が鈍く、借主側で交渉材料としての配管洗浄も必要でしょう。
IMG_3622IMG_3623IMG_3624

 

 

 

追炊き配管は樹脂管で、他の水栓からはゴミが出ません。
これは、給湯器内で追炊き用のボイラーと新湯用のボイラーがあり
お風呂の湯張り時にだけお湯が通るバイパス配管
があり、酸化による劣化で10年前後で出て来ます。
IMG_3626IMG_3627

 

 

 

入居されて6年、湯あかの半分は前入居者のものです。
色が黒いのは、やはり給湯器内の配管のゴムパッキンの劣化です。
IMG_3618

 

 

 

洗浄後も量は減ったものの、出て来ます。
恐らく、年内には給湯器は使えなく(不能)なるでしょう
早目の交換交渉をお勧めしました。
IMG_3631

 

 

 

 

浴槽底には所々に錆汚れがあります。これはゴムパッキンに接している配管の切口がゴムと一緒に鉄粉で出て来ています。

給湯器の劣化サイン

給湯器の寿命は10年位です。(電化製品と同じです)
平均して12~13年で不能、交換されている方が9割です。

お湯張り、追炊きに出る
黒い粒・・・・・・ゴムパッキンの劣化によるゴム片
黒いお湯・・・・・  々      によるゴム溶け
緑青色のゴミ・・・銅管の劣化で腐食錆(10円玉に付く緑青)
浴槽に付く錆・・・配管劣化の鉄粉(極微)

の症状は5年を過ぎた辺りから少しづつ(気付かない)出て来ます。
目立つ様になれば、給湯器の交換時期に入っています。

浴室のいや~なニオイ

翌朝のお風呂場が臭うのは、エプロン裏が汚れているから?
IMG_3614IMG_3612IMG_3615

 

 

 

エプロンは一体型で両サイドは点検口です。
カバーを外すと、内側は土間で水が入れない構造です。

では、なぜ翌朝は臭うの?
それは、残り湯が原因です。
人が入浴すると、体の老廃物が排出され雑菌となり
この雑菌がニオイの原因です。この雑菌は33℃で爆発的に繁殖するため
翌朝、「お風呂場が臭う」はまさに残り湯から発しています。

でも、「残り湯は翌朝の選択に使う」と言う方が多いですね。
その場合、前日の最後に重曹を大さじ2杯位入れて置けば、
ニオイ菌を抑えられます。
洗濯に回される時は「洗い」にだけ使い、「すすぎ」は水道をつかうのが
おススメです。

 

 

 



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る