ブログ

追炊きの温度が上がらない3っの理由

お湯張り自動の時はリモコン表示通りの温度で、時間が経つと温度が下がっている!
若しくは、追炊きをしても温度が上がらない!
ガス屋さん、メーカーに修理依頼しても異常なし?ジャバして下さいと言われます。

温度の上がらない3つの理由

その⓵ 追炊き配管の汚れ(給湯器内)

図
浴槽から冷めたお湯が給湯器で温め直されて
戻っていきます。
給湯器内の配管は熱伝導の高い銅管を使用しています。

 

 

3

 

配管がバイオフィルムや湯あかが付着していると、
汚れの層により熱伝導が悪くなり、浴槽から来た
「ぬるいお湯」は 効率よく再加熱が出来なくなります。

 

その⓶ 追炊き配管の汚れ詰り(給湯器~浴槽)

 

設定温度に温め直したお湯は、時間と湯量で計算されますが、
配管が汚れで狭くなると、お湯を送る時間が長くなり
センサーが誤計算されたりします。(詰りが酷いとエラーが出ます)

 

その⓷ 循環器周辺の汚れ

IMG_3966

一つ穴用追炊き循環金具には吸い口と湯出し口があり、
ぬるいお湯を吸い込む口が汚れで塞がってしまうと
お湯が循環しにくく、追炊きしても温度は上がりにくくなります

 

 

IMG_0084

 

湯出し口に汚れが詰まると、温め直したお湯が渋滞してセンサーが
設定温度に到達したと誤認します。

 

 
IMG_9710

金具廻りが汚れていると、その汚れが循環して、吸い口・吐湯口・配管内
をまた汚して悪循環です。

 

IMG_9711

 

金具廻りはフィルターをマメに掃除し、
金具は外すと戻せなくなるので、念入りにブラッシング掃除
を怠らない様にしましょう。

 

お風呂の配管掃除は市販の洗浄剤では除去出来ません。
汚れを溜めて、詰まる前に定期的な風呂釜配管洗浄が必要です。

 

 

 

 



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る