ブログ

風呂釜洗浄で給湯器が壊れた?

11/6 埼玉県志木市で築14年のマンションに風呂釜洗浄を行ってきました。
3年前にハウスクリーニング業者さんで浴室クリーニングのオプションで、
風呂釜洗浄(高圧洗浄機)をしてもらったのですが、その後給湯器が不動になり
   交換された様です。(直接的な原因は不明)

 

 

 

 

平日お2人で、週末3人のご家族で特に入浴剤も使っていません。
週末に3人目が入浴された後は、浴槽の床がヌルヌルして来たので
風呂釜洗浄のご依頼です。
IMG_3918

 

 

 

 

洗浄していくと、ヌルヌル原因の湯あかが出て来ます。
IMG_3921

 

 

 

 

浴槽に付いているのは、配管内に溜まっていた石鹸カスです。

前回、高圧機械式の風呂釜洗浄で失敗しているので
洗浄業者の選択には相当悩まれたそうです。
実際、お電話にて洗浄方法を詳しい説明を求められました。(当然ですね)
機械を使わず、独自の洗浄剤で安心安全な洗浄方法で汚れを掻き出します。

風呂釜洗浄の方法、メリット・デメリット

風呂釜洗浄の方法は、各者に違いが有ります。(ハウスクリーニング業者さん、専門業者さん)
各々の方法にメリット、デメリットが有ります。
風呂釜高圧洗浄機 (5,000~8,000円)
高圧機械による方法で、7~8年前は主流でしたが、最近では少数派になっている様です。
メリット :作業料金が安い・2つ穴に対応・短い配管では洗浄力が高い
デメリット:汚れが見えない・長い配管には不向き・給湯器の故障を招く恐れ有り(水流弁不良等)

洗浄剤  (500~1,000円)
ジャバ式、洗浄剤をお湯に入れ循環漂白(除菌)。以前、ガス屋さんや給湯器メーカーさんの対処法。
メリット :安価・自分で出来る・除菌効果
デメリット:汚れが出て来ない・効力が持続しない

風呂釜洗浄PRO (20,000円前後)
機械を使わない新技術で、安心安全な洗浄剤を使用。
メリット :汚れが見える・給湯器を傷めない・長い配管に対応
デメリット:2つ穴不可・料金は高め

選択肢はありますが、各風呂釜に合った方法が後悔しない秘訣です。

 

 



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る