ブログ

エコキュート、お風呂の汚れの対処法は ”水抜き”にあり!

10/7 川崎市幸区で築7年のマンションにエコキュートの追炊き配管洗浄です。
小学生のお子さんとご夫婦の三人でお住まいの高層マンション。13:00~15:00時間指定での作業依頼でした。
問診:お風呂を貯めると一面を覆い尽くす湯ドロがが出て入浴出来ない。(給湯の時点で)

湯入れの時点で汚れが出るのは追炊き配管ではなく、給水タンク内の汚れ(水垢、湯垢、錆、腐食)でしょう。

入居2年位からエコキュートのお風呂の調子が悪く、湯ドロが出始め自動湯張りをするとお湯が浴槽から溢れたり、貯まらなかったり温度異常や 湯ドロで5年の間に6回も修理に来てもらい、1年前と半年前は激しい湯ドロの対処をメーカーに頼むもジャバ的な事しか出来なかった様です。

IMG_4206
パーツを外して点検するも、言うほどの汚れでは無いです。
なんでも、奥様が道具なしで引っこ抜いて掃除をしたのですって。
ビス止めを無視してです。修理に来た人に注意されたそうです。(ココはビス頭がではなく型で専用ドライバーが必要です)

 

IMG_4208

 

自動で湯張りをしていたら、ゴミ(湯ドロ)が少し出て来たので、途中で止めてお客様に確認をすると、5ヶ月前からお湯張りはしていない(気持悪くて入れない)そうです。

 

 

タンクの水抜き はいつ したのかを聞くと水抜きって、なに。やはり知らなかったか :oops:: (後述)
この状況では追炊き配管内はキレイになっても、お湯を張ると元の木阿弥です。が、今水抜きをするとお湯が無くなり洗浄どころか生活できなくなってしまいます。

お客様と相談して、洗浄に必要な量を残して水抜きをし、急速沸き上げをしてもらう事にしました。

IMG_4211

 

完全な水抜きは後で行ってもらい、追炊き配管も汚れているはずなので、洗浄をしました。

洗浄しながら説明をしていたので写真が全然撮れませんでした。

 

最後のお湯張りで、湯切れアラーム(残り約100L)が鳴り自動湯張りが出来ず足し湯でしのぎました。(-_-;)
ギリギリ15:00に終了しました。
エコキュートのお客様は、伺う前に満タン沸き上げをお願いします。

 

 

エコキュート、タンク内の水抜きが必要

 

飲料用には使用しないで下さい」「飲料用に使用する場合は、必ず煮沸をして下さい」と記載されているくらい、タンク内は汚れが溜まり易いのでしょう

エコキュートや電気温水器のタンク内の水で沸き上げないで出てしまう
湯垢(ヘドロ状)がタンクの下部に溜まるため、それを除去するための水抜きを定期的に行わなければなりません。

タンク内の水抜き作業はメーカーのメンテナンスで行ったり、
又はご自身で行う様に方法が取扱説明書やタンクのカバーに記載されています

タンク内の汚れを排出すれば、改善はされるでしょう。

水抜き作業が済みましたら、必ず追い焚き配管洗浄配管内に廻った汚れを除去しましょう
配管内に汚れが残っていると、改善はされません。
※市販の洗浄剤では汚れを出し切れないのでプロの技術に任せましょう。

水を抜くタイミングが難しく日常生活でお湯を使わない時間、しかも効率よく使い切った時が目安です。(旅行や就寝前)
お湯を多く使う時期も避けたほうが良いでしょう。タンク内にお湯が多くたまっていることが多いでしょうから。

各社取扱説明書
三菱電機製  パナソニック製  ダイキン製  日立製  コロナ製  東芝製



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る